仮面ライダーアート展に行ってきた1

新津美術館で開催中の仮面ライダーアート展に行ってきました。
スタンプラリー
館内は等身大ライダーなどの撮影が可能になっていて、好きなライダーと一緒に写真が撮れる状態になっています。
しかし柵が設けられているので近づくことは出来ても隣に立つのは難しいので、好きなライダーをバックにという感じになります。
東京ドームシティの仮面ライダーイベントの展示よりも近くでじっくり見られるのは、やはり美術館ならではと思います。

もちろん美術館らしい展示もちゃんとあります。
石ノ森先生をはじめとする仮面ライダー漫画の生原稿やイラストの複製が展示されています。
カラー原稿も多数あって、当時の石ノ森プロの仕事ぶりが生で観られます。
実写作品の紹介は撮影中のスチルや雑誌の特写をパネルで展示するかたちで、当時の撮影風景が垣間見えます。
仮面ライダー40周年記念で寄せられた色紙も展示されていました。ほかの漫画家やイラストレーターの描く仮面ライダーが沢山観られました。

新津美術館は入ってすぐに二階への吹抜け兼階段になっていて、階段の途中途中が踊り場のようになってます。
その踊り場に4~3体ずつ、Jから旧一号の順に展示されていました。平成ライダーは作品紹介のスペースに一体ずつ展示されていました。
枚数が多いので今回は手前に展示されていた昭和後期を。
すべてレトロ風ビンテージ風の加工をしています。ほかの来館者が写っている写真はトリミングしています。

J ZO 真 BLACK
J ZO 真 BLACK
仮面ライダーだー!と思って入った子供たちを最初に出迎えるのがコレでいいんでしょうか?
真さん怖くないですかね? 慣れた大人は「今回もこの順番かー」くらいの認識でしょうけど。
RXがいないのはスペースの都合でしょうか。残念です。
BLACK
昨日のアイキャッチに使ったのもこのBLACKです。
BLACK
背景も黒なので目立ちません。

ZX スーパー1 スカイライダー
なんでこのポーズなのか担当者に訊いてみたい。特にスカイ。
もっと中屋敷さんぽいポーズがよかったです。
ZX スーパー1 スカイライダー
アトラクション用スーツらしく、かなり傷んでます。
ZX
スーパー1カッコイイ!
スーパー1
しかし指が気になりますw
スーパー1
スカイは強化型スーツしかないんですよね。ファンとしては前期型スーツも見たいです。無理でしょうが
スカイライダー
となりに先輩ライダーが立っていたり階段だったりで、正面以外からの撮影が少し難しかった昭和後期ライダーでした。
撮影のためだけにもう一回行きたいです。

その2へ→

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク