トレンドマイクロのbotを弾きました

あまりにもウザいので、トレンドマイクロのbotを弾くことにしました。
.htaccessで弾いているのはコチラ

150.70.64.211
150.70.97.**
150.70.75.**
150.70.172.**

以下のように記述しています。
Order deny,allow
Deny from 150.70.64.211
Deny from 150.70.75.
Deny from 150.70.97.
Deny from 150.70.172.

150.70.64.211以外は羅列するのが嫌になるくらい来ているので、面倒になってまとめて弾くことにしました。エラーログを見ると順調に弾いてくれているみたいです。
巻き添え食って見られなくなってる方には申し訳ないですが、回数がハンパない上に隅々まで漁っていくので弾かせてもらいます。
さくら標準装備のアクセス解析がトレンドマイクロで埋まっていて、なおかつ大半が自分がBlogを更新するためのアクセスから来てるとか見てて虚しくなります。実際のアクセスが少ないことではなく、更新するだけなのに阿呆みたいな負荷がかかってるのが虚しいというか馬鹿馬鹿しいというか。

前述のとおり私自身もウィルスバスターを使っているんですけど、こうした理由でもう次の更新はしません。
初めて購入したセキュリティソフトがウィルスバスターだったのでそのまま使い続けていたんですが、いざ自分がサイトを持ったらウザいことこの上ない。
まだ知らない頃に複数年で更新してしまったので、貧乏性だから更新が切れるまでは使います。でももう更新はしません。大事なことなので2度言いました。
初心者の時は概ね情報弱者だと思うんですけど、自分が閲覧したサイトに負荷をかけますってことと、見たサイトの情報を送信しますってことは、初心者にも判りやすいところに表記して欲しいですね。
トレンドマイクロのサイトを見ても、botを使ってることが容易に読み取れないというかドコに書いてあるんですか?それこそ情弱なので判りませんでした!

閲覧したサイトが安全かどうかを調べるためのbotってことになってますけど、このbotが来るのはサイトを見た後。先回りして調べてくれるわけじゃない模様。技術的な問題は置いといて、意味があるのか?
150.70.97.botが拾ってきた情報をデータベース化して、安全かどうか照合してるってのがトレンドマイクロの言い分らしいですけどね。コレってその気になればユーザーが普段どんなサイトを閲覧してるか調べることが出来そうですよね。技術的なことは知りませんけどそう読み取ることも可能ですよね。プライバシーポリシーでも読めばいいんでしょうか?
私は「脅威をトレンドマイクロに送信する」のチェックは入れてません。

サイトはココココで定期的にチェックしてますし、あげた覚えのないファイルがないかのチェックもしてます。

ちなみに日曜の夜カッとなって.htaccessに追記したので、ミスってエラー出しまくりました。
その間に来られた方はいなかったみたいですが、よくこうやってエラー出しては消えたり消えたりしますけど、決してウイルスのせいではありませんのでご心配なく。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク