Dynamic “To Top” Pluginを入れてみた

私の文章は文字数も多くないし、長文でもないし、改行もそんなに多くないし、このテーマは行間も空いてないのでTopに戻るボタンなんていらねーと思ってたんですが、画像が面積の大半を占めていることを失念しておりました。
コード書かずにスクショ貼り付けてますからね。
友人と話していても私は相当ビジュアルを頼りに認識・判別してるなーと思います。
素材サイトの方はアイキャッチをそのまま素材見本に使っている都合上、トップページやカテゴリ別ページが長くなってしまうので、そろそろ入れるべきかと思っていました。
ココは実験用なので、要不要に関わらず素材サイトでの実装のため試験的に入れるつもりではいましたが、

人によってはムダに画像を貼り付けてるとしか思えないこのBlogにこそ、Topに戻るボタンが必要ではなかろうか

そう思いなおして入れてみましたDynamic “To Top” Plugin
数ある中でこのプラグインにした理由は
簡単に色が変えられそうだから
です。

テンプレートデザインと配色やイメージを合わせたいと思いませんか?
でも素材作るの面倒時間がないときもあるじゃないですか。
そんな場合に配色が変えられるプラグインは便利です。

さて設定ですが、ビジュアル重視の私にピッタリな紹介をされているコチラが判りやすいので、省きますw
「上へ戻る」ボタンを簡単設置!WORDPRESSプラグイン『DYNAMIC TO TOP』
文章解説がいいんだよ!という方にはコチラがいいと思います。
WordPress プラグイン「Dynamic To Top」で上に戻るボタンを簡単に設置♪

じゃあお前が書く必要ないだろう!と思われるでしょうから、設定を晒しておきます。
てゆーかそれがしたかったんです。
To Top設定
テーマの色に合わせてグレー系でまとめました。
でもコンテンツと全く同じだと認識してもらえないので、少しだけ角を丸くして差別化しました。
ぶっちゃけ認識してもらえなくてもいいです。このBlogでは。
「Topに戻るボタンないのかな~?」と思った人が右下に視線を持ってきたときに「あるじゃん」と気づいてもらえれば十分です。
つまり、目立たせようと思えばガッツリ目立たせることも出来るわけですね。

ところでボタンのハイライト切ってるんですけど、マウスオーバーでハイライト(シャドウ?)入るんですね。
css覗いてませんが、これだと最初からa hoverが設定されてるっぽいですよね。
弄ったら全く違う色に出来るかも…?

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク