Xn viewのもったいない使い方

WindowsでPhotoshop CS5を使っているんですが、エクスプローラー用のpsdのサムネイルを作ってくれないんですよ。
Macはある(見られる)らしいと風の噂に聞きました。羨ましい。
ググるとpsdやaiのサムネを表示してくれるフリーソフトがあるようなんですが、多分あの大きさじゃ足りない。
だって自分で撮った写真も(同じようなものが沢山あって)マトモに探し出せないくらいですから。
それでpsdも表示してくれる画像ビューアを探したところ、出てきたのが
XnView(公式サイトは海外です)
でした。
aiファイルは別にGhostscriptをインストールしなきゃ見られないんですけど、aiはほとんど持ってないのでいいやーと思って入れました。

コレ、個人使用なら無料で使えるんですが、
赤目補正
モザイク(しかも範囲を指定できる)
画像のリサイズ
画像の回転
などなど、機能が盛り沢山なんですよね。

Photoshopなどの高価かつ高機能の画像編集ソフトはいらないけど、ちょっと写真を加工したい
という人にはいいんじゃないでしょうか?

使い方はこちらのサイトが詳しいです。
【ブログを極める】便利な画像加工ソフト「XnView」の使い方~目次と入手先~
と言うか、こちらを拝見するまでここまで出来るとは知りませんでした。

すいません、完全にビューアとして使ってます。
だって編集はPhotoshopでするから。
(そしてPhotoshopで色を弄りまくった写真を上げる↓)
チューリップ

ここまで読まなくても最初の段階で
え? CS5ならAdobe Bridge持ってるでしょ?
と突っ込んだ方も大勢いると思います。

Bridgeって重くないですか?
あれ開くくらいならPhotoshop立ち上げるわーって思うくらい重くないですか?
気のせいですかね?
個人的にXn viewの方が断然軽いので、Photoshopと関連付けて使ってます。
本来は
画像を見たついでにちょっと加工したいんだよ!
という要望に応えるソフトだと思います。多分。

Windows用日本語環境でのダウンロードはこちら
その他のOSは本家から。

かの有名なVectorにレビューとダウンロードがありますが、表示が古いバージョンなのでリンクしません。
窓の杜の記事では、古いバージョンには脆弱性があるとのことですが、最新版ではそういった記事は見つかりませんでした。
窓の杜Xn View 1.99.1についての記事(最新版は13年05月現在2.00):
Secunia、「XnView」に未修正で“Highly critical”の脆弱性が存在することを公表
というわけで、ダウンロードされる場合は最新版の方が安全だと思います。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク