宇宙刑事シャリバンNEXT GENERATION

「貴方の特撮ヒーローは誰?」
と訊かれたら
「宇宙刑事シャリバン・伊賀電」
と答えるくらいには夢中で観てましたし、今でも大好きです。

10/10ようやく『宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION』がリリースされました。

銀幕にギャバンが復活して以来、ずっとこの日を待っていました。
自分のPCではブルーレイは観られないんですが、特典がどーーーーーしても欲しくてブルーレイを購入しました。
買って損はなかったです。
・「ネタバレ注意!」と書かれたブックレットは観た後に読めばさらに楽しめる内容
・BGMが収録されたCDは単品で売れそうなボリューム
・メイキングはインタビューが多めで裏話的な要素が強い
個人的には値段以上の内容だと思います。
メイキングはシャイダーの撮影風景も入っているので、シャイダーネタバレを一切避けたい人は要注意です。

本編は…すごく良かったです。
ジークンドー系のアクションや、刑事モノらしいハードなストーリーなど、Vシネだから出来る要素も含めて「平成の宇宙刑事はこんな感じになるんだな」と思わせて…納得させてくれました。
初代シャリバン・伊賀電の生身アクションと赤射!が観られたのもすごく嬉しかったです。
配信された予告の伊賀電を観ただけで泣いたくらい嬉しかったんですが、本編もさすがと言うか…30年経っても伊賀電はカッコよかったです。
メイキングに伊賀電のアクションシーンが収録されてるんですが、演じられた渡洋史さんのキレや速さが凄くて「もう年だから出来ない」はものすごい謙遜だなあと思いました。

二代目シャリバン・日向快や幼馴染のセイギのアクションも、それぞれ違う味があって良かったです。
あと坂本監督らしい女性の足技。今回も多かったですw
ちなみにオーディオコメンタリが坂本監督の「女優の足」の話ばっかりでアホくさいですw
裏話の意味がちょっと違うコメンタリなので、解説を期待すると裏切られます。
本編観て泣いて余韻に浸りたい人は、後日改めて観た方がいいです。

ストーリー的な感想も言いたいんですけど…まだ発売直後でネタバレはどうかと思うので公開されてる予告などの範囲内に留めておきます。
主人公の快が、先代や先輩宇宙刑事から沢山のことを学んで、本当のシャリバンになる話なんですが、電に「宇宙刑事ってなんだ!?」と問われて、快が見つけた「答え」が往年のファンには堪らないです。
快とセイギの関係性とか、ブックレットやコメンタリ情報も含めて丁寧に演出されてると思います。

撮影・特撮的にはギャバン THE MOVIEでは不満が残ったアオリでのキメポーズ(位置が高すぎ)と赤いシャリバンクラッシュ(CGでは表現できないアナログの良さ)が改善されてて嬉しかったです。
幻夢界の演出も「今の技術ならこんな感じかな」と思える出来でした。
何より!あのエンディングを再現してくれたことに感謝です!!
シャリバンED
これは以前特撮ワンドロで描いたイラストなんですが、この車は再現されてませんw
映画のシャリバンクラッシュが全然再現できてなかったから、同じ表現のエンディングも再現は無理だろうと思っていたので…本当に嬉しかったです。

曲の使い方もちゃんと「お約束」通りで満足です。
レーザーブレードが発光したら、あの曲が流れます!
全体的に昔の曲を同じような場面で使っているので、脳内で当時のナレーションが再生されましたw

初代からのファンである私が「コレだよコレ!」と思った平成の宇宙刑事シャリバンでした。
これで当時を知らない20代の特撮ファンが「カッコイイ!」と思ってくれたら嬉しいです。
シャリバンがすごく良かったので、来月のシャイダーも楽しみです。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク