WordPress用にXAMPPをインストールした覚書2

前回はXAMPPを最低限設定したので、今回はPHPMyAdminを最低限設定します。

XAMPPのコントロールパネルのAdminでも、ブラウザのアドレスバーに直接http://localhost/phpmyadmin/でもいいので、PHPMyAdminにアクセスします。
前回設定したPHPMyAdminのユーザーとパスワードでログインします。
phpMyAdminログイン画面
下に出てる警告は、WordPressを試すだけなら使えなくてもいいらしいので、気持ち悪いけど無視します。
データベースをクリックして、新規にデータベースを作ります。
データベース作成は、レンタルサーバの仕様によっては、すでにやったことがある人もいると思います。
ちなみに私はすっかり忘れています。
データベースをクリック
名前は自分が判る適当な名前でいいです。
ひとつのデータベースにひとつのWordPressを入れる場合もあると思うので、番号を振っておくのもいいかも知れません。
参考にしたいくつかのサイトでutf8_general_ciを推奨していたので、大人しく倣います。
作成をクリックすれば、新しいデータベースが出来ます。
データベースを作成

勉強のためということで、手動で日本語版WordPress本体を格納します。
WordPress本体を公式サイトからダウンロードして解凍します。リネームは好みで。
公式からzipをDL
XAMPPのhtdocsフォルダ内にwordpressフォルダを放り込みます。
このような階層になります。
C:/xampp/htdocs/wordpress(フォルダ名)/

WordPressの初期設定をするので、以下のアドレスにアクセスします。

http://localhost/wordpress(フォルダ名)/

人によってはデータベースより、この辺りからが見慣れた画面の連続だと思います。
wp-config.phpがないと言われますが、「設定ファイルを作成する」をクリックして解決します。
WordPressにアクセスした画面
必要な情報が羅列されてますので、今まで設定してきたパスワードのメモなどを用意して、「さあ、始めましょう!」をクリック。
必要な情報が書かれています
するとこんな画面になるので、色々入力して「送信」
入力画面
問題なければこの画面になるので、「インストール実行」します。
インストール実行をクリック
問題なくアカウント登録画面になったので、登録します。
見慣れた画面です
「成功しました!」のでログインできるか確認して終了です。
成功しました
後は好き勝手やりましょう。

調べているとwp-config.phpを作ってからwordpressにアクセスしている人や、データベースを作る前にアクセスして、必要なパスワードなどを確認してからデータベースを作っている人もいました。
なのでこの辺は前後しても割と大丈夫な印象を受けました。
私は今回の方法で問題なくローカルにWordPressをインストール出来ました。

ああ…長かった…。

すでに色々と試していますが、プラグインやテーマのインストールなど問題なく出来ています。
非常に便利で、サーバ借りる前にこれで練習すれば良かったなと思ってるくらいです。
PHP初心者にはちょっと敷居が高いですけどね。
でも私自身いまだに何が何だか判ってないけれど、それでも出来ました。
だから大丈夫だと思います。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク