テーマを変えたい

WP公式にラインナップされてるParabolaというテーマが気になっているので、たまーに有効化して弄ったりしてます。
デフォルトでフッターにウィジェットを付けられるのは便利だなーと思ってます。
ただカスタマイズする場合、製作者さんが熱心なのか頻繁にアプデがあるのがちょっと難点でして、子テーマで弄っても定期的にソースを見比べておいた方が良さそうですね。

でもですね、setting項目が沢山あって、CSSの知識があまりなくても色々カスタマイズ出来ます。
ブラウザが翻訳してくれた設定画面
ソースごりごり書かなくてもいいのは楽でいいです。
いいですが、ちょっと物足りない気もします。

とりあえず子テーマ作って最低限いじろう!
と思ったんですが、やり方忘れてましたので備忘録代わりに書いておきます。
ちなみにfunctions.phpはバックアップ取った上で直接いじります!

子テーマに必要なもの
CSS
以上!

とりあえずCSSで子テーマが有効になるって素晴らしいね!
じゃなくて、順を追って書きなさい。
いつも通り一部大文字なのでコピペしないでください。

wordpressがインストールされてるディレクトリ以下のwp-content>themes>に既存のテーマフォルダが色々あるので、そこに子テーマ用のファイルを作ります。
名前はchildとか判りやすい適当なもので。
私の場合、大抵「親テーマ子」とかになってます。

HTMLエディタで以下のように記述して、ファイル名を「style.css」にしてUTF-8で保存。

/*
Thema Name: Child
Template: parabola
*/

@import url(“../parabola/style.css”);

Thema Nameは好き勝手な判りやすい名前の方が区別しやすくて便利なので、大抵「親テーマ追記」をアルファベット打ちしてます。
Templateは大文字小文字に気をつけましょうね(常習犯)。
@importで親テーマを読み込んでいるので、コレ書かないと親テーマが反映されませんよ(常習犯)。

Descriptionとかの記述は、個人の好みでいいんじゃないでしょうか?
記述すればカスタマイズに気合が入るかもしれませんね。

HTMLエディタなどを持ってなくてUTF-8で保存できない場合は、FTPとかレンタルサーバのファイルマネージャーでアップロードしてUTF-8で保存しなおせばOKです。

お前のメモじゃわかんねーよ!という人は WordPress 子テーマ 作り方 でググればいいと思います。
いっぱい出てきます。

管理画面で判り易くするために、サムネ画像を改造してアップロードするといいかも知れません。
サムネ改造
という訳で、しばらく今のテーマと行ったり来たりすれ違いしてると思いますし、エラー出して消えたりすると思います。

フォント用CSS読み込んでるとかどーなってんの?このテーマ
っていうかwebフォント内蔵なの?
日本語化されてないから日本語フォントの指定とかどこでやればいいのかしら?←フラグ

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサードリンク